顔のいぼについて知る

顔のいぼができる原因とは

顔のいぼができる原因とは

ウイルス性のいぼ 顔にいぼが出来る原因は何でしょうか?実のところ、いぼやいぼに見える症状の厳密な感染経路や原因は解明されていません。 それだけ小さく繊細な症状で、人によってはいつの間にか消えたりずっと残ったりし、ありふれているゆえに、すべての原因を突き止めるのは難しい症状の一つです。 しかし大別されているものもあり、その一つにウイルス性のいぼが挙げられます。いぼには「親」と「子」が存在すると言われ…
Read more

顔のいぼができる仕組み

顔のいぼができる仕組み

ウイルス性いぼ 顔にいぼが出来る仕組みはどのようなものでしょうか?ウイルス性のいぼの場合、皮膚表面に傷口などが出来てしまい、そこからウイルスが侵入します。 皮膚には「角層」や「角化細胞」があり、その下に「基底細胞」と呼ばれる細胞が壁を成しています。その下は「真皮」でいわゆる皮膚そのものとなりますが、この基底細胞にウイルスが定着すると、基底細胞が生み出す角化細胞が活性化し、通常の状態より増殖します。…
Read more

肌の角質の仕組みや構造

肌の角質の仕組みや構造

角質とは 角質とは、皮膚の最も表面にある0.02㎜の非常に薄い層です。サランラップのようと形容されることもしばしばで、「角層かくそう」とも呼ばれます。 角質の層にはなんと角層細胞が14~15層も重なっており、肌の潤いを保つ保湿・保水の役割があります。重なっている角質の間の空間は角層細胞間脂質で満たされているため隙間がなく、皮膚から水分が蒸発してしまうのを防ぐ仕組みになっています。 つまり角質そのも…
Read more

肌にできものやいぼができる理由

肌にできものやいぼができる理由

それは単なるニキビかも できものやいぼが出来る理由は幾つかあります。最も代表的で治癒も簡単なのはニキビです。これは皮脂腺から分泌された皮脂が、詰まった毛穴に溜まることで受け皿を作ってしまい、そこに「アクネ菌」が繁殖することで発生します。 皮脂腺があれば体中どこにでもできるのが特徴で、特に思春期の体の変化が著しい時や、大人でも不規則な生活習慣やストレスによる体のバランスが乱れた時に生じます。 語義に…
Read more

肌の代謝の仕組みと健康上の注意

肌の代謝の仕組みと健康上の注意

肌の代謝「ターンオーバー」 肌の代謝、つまり古いものと新しいものが入れ替わる「ターンオーバー」はどのように機能しているのでしょうか?ターンオーバーは肌の「表皮」で行われています。 表皮とは、肌の一番外側に位置する層すべてのことで、その下に「真皮」と「皮下組織」がくっついています。表皮には、外部からの細菌の侵入や衝撃からの保護という役割があり、内部からは水分が出ていこうとするのを防ぐ保護壁の働きをし…
Read more

思春期や成長期の顔のいぼやにきびは何が原因?

思春期や成長期の顔のいぼやにきびは何が原因?

ニキビの原因 思春期に出来る顔のいぼやニキビは、何が原因で生じるのでしょうか?いぼにはいくつか原因があるものの、完全には解明に至っていないのが現状です。ここではできものの代表格ニキビについて考えてみましょう。 ニキビは、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まることで発生する炎症です。「アクネ菌」という菌による作用が主な元凶として知られています。詰まった毛穴に溜まった場所でアクネ菌が繁殖することで大きくな…
Read more

顔のいぼを放置するとどうなる?

顔のいぼを放置するとどうなる?

ウイルス性のいぼだった場合 顔のいぼを放置すると何か悪影響はあるのでしょうか?いぼの種類による、というのが直接的な答えですが、いぼがもしウイルス性のものであれば、ウイルス感染の拡大によるいぼの増加が考えられます。 想像するだけでも嫌なことですが、ウイルス性のいぼには、住み着いたウイルスの生命力が問題となります。ウイルスは、傷口などから侵入して、表皮の最下層である基底細胞に漂着します。 その下は真皮…
Read more

顔のいぼと関係があるかもしれない病気一覧

顔のいぼと関係があるかもしれない病気一覧

それは粉瘤かも 顔に出来るいぼは、もしかすると「粉瘤ふんりゅう」かもしれません。粉瘤とは、皮膚の表皮の下に嚢胞のうほうと呼ばれる袋ができ、そこに膿や老廃物が溜まって発生する症状のことです。 袋に老廃物が溜まっているだけであるため、緊急に医療処置を必要とする悪性の疾患ではありません。しかしこの嚢胞が厄介で、何かの理由で老廃物が排出されしぼんだように見えることがあっても、受け皿となる嚢胞が存在する限り…
Read more