クリームの成分と主な有効成分

クリームの成分と主な有効成分

水を主成分とするいぼクリーム

クリームの主成分には何が含まれているのでしょうか?世の中に化粧品は星の数ほどありますが、ここでご紹介しているクリームにほぼ共通しているのは、水とグリセリンです。

水はまさに誰もが毎日使うあの水のことで、水をベースとする分、肌に馴染みやすい特徴があります。これをオイルをベースとするものと比べると、べたつきや油焼けの心配が要らない安心して使用できるクリームとなります。

オイルベースのものは肌質を選ぶ傾向にあり、製品のみならず、体調によってはピリピリと痛みを感じることがあるからです。水ベースのクリームは肌への刺激も少なく、オイル系よりさらりとして爽やかな使い心地になるのが特徴です。

グリセリンの大切な役割

成分表を見ると、その次に多く配合されるのがグリセリンです。グリセリンは製造業で非常に広範囲に用いられるアルコールの一種で、化粧品だけでなく医薬品や食品にも使われています。

食品に使用する場合、乾燥防止や柔らかさを出すため、あるいは甘味料として使用されています。グリセリンは低温でも固体化しにくいゆえに、液状・クリーム状を保たなければならない化粧品を、常温や低温で維持する能力があります。

ヒアルロン酸などと合わせて配合されることが多く、化粧品そのものの滑らかさや液体化の主役です。その他の特徴としては吸湿性が挙げられます。

親水性があり吸湿する機能のおかげで、水を保たなければならない化粧品や、乾燥対策の製品には必ずと言っていいほど配合されています。

加えて水分を含むと発熱する性質があり、これを利用して保温機能を持たせた化粧品や肌になじみやすい製品が作られています。前述のヒアルロン酸やコラーゲンと組み合わせると相乗効果で保湿機能さらに高まり、手に取った時の伸びや滑りもなめらかになります。

ヨクイニン、サリチル酸によるいぼ除去

いぼに効果的な有効成分には何があるでしょうか?ハトムギに含まれている「ヨクイニン」は、消炎作用や水分のバランスを整える作用により、漢方の世界でも広く使用されています。

体の新陳代謝を上げることで肌のターンオーバーを正常に戻し、いぼの除去に持っていく力があります。東洋医学的な作用があるため、即効性はなく、いぼの直接除去にも効果はないものの、体全体のバランスを整えることでいぼに強い体質へと変化させます。

直接作用で言うとすれば「サリチル酸」です。サリチル酸は皮膚を溶かしていぼを除去する成分で、即効性に優れています。以上がいぼに有効な成分であり、クリームを選ぶときの基準ともなるでしょう。