思春期のフェイシャルケアにもクリームは使える

思春期のフェイシャルケアにもクリームは使える

男性ホルモンの増える思春期

いぼクリームは、思春期のフェイシャルケアにも使用可能です。ご存知のように思春期には成長ホルモン、特に男性ホルモンが増加することで、ニキビやできものが発生しがちな肌環境にあります。

男性ホルモンは皮脂を増加させる作用があり、それが毛穴に詰まってアクネ菌の繁殖する寝床となってしまいます。よくニキビばかりが取りざたされますが、そもそもの肌状態に注意を向けてケアを行っていく必要があるでしょう。

人の肌は4種類に分けられるとされています。「普通肌」、「乾燥肌」、「脂性肌」、「混合肌」です。

普通肌は理想的な本来の状態の肌で、水分や皮脂のバランスが良く、肌トラブルが起きても強いという特徴があります。

なぜフェイシャルケアが必要か

乾燥肌は、乾燥が進んでしまった肌の状態のことで、水分も皮脂も不足しています。

こうなると、肌をメンテナンスする機能が十分に働かず、ひび割れた角質や表層は細菌の侵入に対して非常に弱くなってしまいます。突っ張ったりカサカサするのが特徴で、いくら水を与えても、いつも乾いているように感じることもあります。

脂性肌はその逆で、皮脂も水分も過剰に分泌されている状態です。こうなると皮膚の表面に水分も皮脂も溢れかえってしまい、いわゆるオイリーな肌、ベトつきやテカリに悩まされる肌になってしまいます。

皮脂の分泌が多いので、ニキビも出来がちで、肌を清潔に保つのが難しい状態です。おそらく思春期に最もみられるのはこの脂性肌か、次の混合肌でしょう。

混合肌は、前述の乾燥肌と脂性肌の両方の特徴を併せ持つ肌質で、一部はカサつき一部はテカリやベタつきを持っています。

これも理想的な肌とは言えず、むしろどちらのケアをすれば良いのか分からないような面倒さが感じられるでしょう。

クリームは理想的、しかし過度の使用は肌を傷める

いぼクリームはこういったフェイシャルケアに、どのように役立つのでしょうか?いぼクリームには、主成分の一つとしてグリセリンが配合されています。

このグリセリンはアルコールの一種で、毒性の低さとその利便性から医薬品や食品にも広く使用されています。グリセリンは肌の水分を保つのに理想的です。吸湿性があり、肌に塗ることで水分を長く閉じ込めておける性質があります。

これなら何も塗らないよりも肌を乾燥から守ることが可能で、乾燥によるさらなる皮脂の分泌を抑えられるようになります。

しかし注意したいのはフェイシャルケアのやり過ぎです。どんなに優れたクリームでも、肌にはそれは刺激であることに変わりはないからです。