思春期や成長期の顔のいぼやにきびは何が原因?

思春期や成長期の顔のいぼやにきびは何が原因?

ニキビの原因

思春期に出来る顔のいぼやニキビは、何が原因で生じるのでしょうか?いぼにはいくつか原因があるものの、完全には解明に至っていないのが現状です。ここではできものの代表格ニキビについて考えてみましょう。

ニキビは、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まることで発生する炎症です。「アクネ菌」という菌による作用が主な元凶として知られています。詰まった毛穴に溜まった場所でアクネ菌が繁殖することで大きくなっていきます。

顔は皮脂腺が多く、汗をかくことも多いのでニキビが出来る可能性が非常に高くなります。顔の皮膚という観点で考えると、体の他の部位より摩擦や圧力による刺激は少ないのですが、皮脂腺が多く、ホコリを浴び、汗をかくことで雑菌の繁殖が容易になるなど、皮膚への刺激が避けられない場所です。

加えて外に出れば真っ先に紫外線を浴びる場所でもあり、何かと日常生活の動作によって負荷がかかることの多いのが顔です。そういった刺激は肌を荒れさせ、いぼやニキビが発生する原因となります。

潰さないことが大事

刺激が多いと角質が厚くなりやすく、毛穴をふさいでニキビが形成されやすい環境につながります。思春期は男性ホルモンの増加が著しくなる時期です。

男性ホルモンは皮脂の増加に影響していると考えられており、それが角質の厚いところで発生すると、瞬く間にニキビの発生が始まります。いぼやニキビが出来たとしても、基本的には潰さないでおきましょう。

潰してしまうと、そこから雑菌が侵入して再発・悪化、最悪の場合には菌が感染して拡大する可能性があり、傷も残って見た目も悪くなります。

それよりも早い目に皮膚科を受診し、専門医の診察を受けること、ニキビができても過度に気にせず休養と栄養をしっかり取ること、一日2~3回の洗顔を欠かさないこと、を徹底しましょう。

洗顔については後述しますが、幸いニキビは自然に治る種類の皮膚疾患です。潰すより自然消滅の方が見た目も良く健康的であることを忘れないようにしましょう。

過度の洗顔や保湿も避けよう

また、過度の保湿や洗浄もニキビの原因となります。清潔にすることはニキビを防ぐ一つの方法であるにもかかわらず、どうして洗浄、さらには保湿までもがニキビの原因となるのでしょうか?

「洗い過ぎ」や「保湿のし過ぎ」は肌荒れや皮膚環境の悪化の原因となるからです。意外に思われるかもしれませんが、洗うと清潔になるものの、肌の表面にある新しい角質までも落ちてしまいます。

これによって、肌を保護する機能が弱まり、本末転倒で洗顔が肌を荒れさせる理由となります。そのため、通常では耐えられるはずの摩擦や刺激に肌が過敏に反応し、皮脂の分泌などによるニキビや吹き出物の発生が始まってしまいます。

保湿のし過ぎについては、肌表面で余った化粧水やクリームの蒸発が、さらなる乾燥や雑菌の繁殖しやすい環境を招き、これもやはり肌荒れの原因となります。

繰り返しになりますが、ニキビは自然に治る種類の症状であるため、無理につぶさないのが最善です。