首や顔のいぼクリームの選び方

首や顔のいぼクリームの選び方

配合されている成分は?

いぼクリームを選ぶ際はどんなポイントを見るべきでしょうか?まず、配合されている成分に注目しましょう。「ヨクイニン」や「杏子エキス」が含まれている場合は、いぼ除去の効果を狙って作られたことが分かります。

ヨクイニンとは日本で言うハトムギのことで、漢方の世界でも広く使用されているもので、消炎作用や水分バランスを整えるのに効果的な生薬です。主にハトムギの皮を除いた種子を使用し有効成分を取り出します。

どちらかというと東洋医学の理論に基づく利用法が想定されており、いぼの直接除去ではなく、体内のバランスや免疫力を高めることでいぼの原因となるウイルスに抵抗したり、肌のターンオーバーを整え皮膚を強くするのに効果的です。

杏子は可食部の主な栄養成分のβ-カロチンやカリウムを多く含んでおり、これが体内でビタミンAとして作用することで老化防止、アンチエイジングの効果を発揮することが期待できます。

これらが配合されているようなものの場合、まずはいぼ除去の効果を持っている最低ラインをクリアしたと考えても良いでしょう。

UVカットはいぼケアに不可欠

そもそも、いぼにはセルフケアで効果はあるのでしょうか?確かに、日ごろの手入れで防げるいぼは多くあります。例えば「老人性いぼ」などは、平たく言えば紫外線が原因で発生するいぼの一つです。

紫外線によって肌を守るためメラニンが生成されますが、それが通常のターンオーバーによって排出されずに色素沈着してしまうのが老人性いぼです。つまり紫外線をカットする装備やスキンケアは必須になります。

老化減少や加齢によって肌のターンオーバーサイクルは乱れてしまうため、お年を召された方には幾分不利な環境となりますが、蓄積された肌へのダメージは仕方がないとしても、これから出歩く際には、出来るだけ直射日光を浴びないようにしたりUVカットのクリームを塗る等の対策を行っていきましょう。

体の免疫力を高めよう

あるいはウイルス性のいぼにもクリームがまったく効果がない訳ではありません。いぼがウイルスによるものだった場合、基本的には皮膚科や外科での液体窒素治療やレーザー治療が推奨されます。

確かに、既に出来てしまったウイルス性のいぼを除去するにはそのような方法が必要ですが、前述のように、体の免疫力を高め清潔さに気を配ることでウイルスの侵入を防ぐことが可能です。

あるいは、免疫力が落ちた時に感染しやすいことを考えると、ヨクイニンなどの健康バランスを整えるサプリメントや漢方を導入しつつ、日々の生活で健康的な習慣を維持することが重要です。