顔のいぼを自分でケアする方法

顔のいぼを自分でケアする方法

いぼの治療は皮膚科に行くべきか

いぼを自分でケアするには、いぼの種類を確認する必要があります。

それがウイルス性のいぼであれば皮膚科での治療が必要です。ウイルス性のいぼの場合、皮膚科で「液体窒素治療」が勧められます。

最も一般的な治療法で、マイナス196℃の液体窒素を綿棒等に少量取り、患部に塗布することで壊死させます。幾分怖い治療法に聞こえるかもしれませんが、最も普及している治療法です。

治療中や治療後1日は痛みを感じ、色素沈着の可能性が高いのが難点です。保険が適用されるため費用は安く済む(1,500円程度)のが最大のメリットですが、程度によっては長くて1年を超す治療期間になることもあり、それがデメリットに感じる人もいるはずです。

レーザー治療は即効性がある

あるいはレーザー治療も選択できるようになっています。文字通り、レーザーで焼くことでいぼを消滅させます。短時間で終わるうえ、麻酔を打つために痛みもありません。

いぼを焼いた部分はおよそ1週間で治りますが、その後の患部のケアとして、クリームや軟膏、ガーゼによる処置が必要となります。

皮膚はレーザーによりある程度のダメージを受けているため、しばらくは紫外線に対する特別な注意が必要かもしれません。しかし費用面でデメリットがあり、保険適用外のため数万円くらすの出費が必要になります。これらはウイルス性のいぼに対する対策です。

その他として「ヨクイニン」配合の内服薬の処方があります。日本で言うハト麦から採られる成分を利用しており、主にその種子に含まれる成分に効果があります

幾分東洋医学の趣があり、即効性や直接的な除去には向いていません。むしろ免疫力を高め、いぼの原因となるウイルスを退治する効果を狙います。

長い目で見れば、体調全般を向上させ、体を強くする天然由来の優れた治療法ですが、時間がかかることと人によっては効果が薄いことが欠点です。

セルフケアできるいぼの場合

話をセルフケアに戻すと、市販薬の塗布により、自分でもいぼケアを行うことが可能です。塗り薬を考えているのであれば「サリチル酸」を含んだものを探すのが良いかもしれません。

これは硬いいぼを溶かして除去するタイプで、効果は強く出やすいものです。肌が弱い人は前述のヨクイニンが配合されたものを選びましょう。ほとんどが飲み薬の形を取り、漢方にもハト麦を原料とするものが数多くあります。

体調改善に効果があり、副作用の心配もなく安心して使用出来ます。しかし、効果を実感するまでに時間がかかるため、長期間服用する心構えで使用しましょう