顔のいぼクリームの成分の見方

顔のいぼクリームの成分の見方

成分表の順番

いぼクリームの成分表は、どのように読んだらよいのでしょうか?成分表に込められた意味を探っていきましょう。ここ日本では、化粧品には「全成分表示」が義務付けられています。

この法律のおかげで、消費者は何が商品に含まれているのかを、購入前に知ることが可能になりました。そんな成分表には、「配合量が多い順」に成分が記されています

例えば、当サイトでご紹介しているいぼ除去クリームは、ほぼ全部が「水」で始まっています。これはその製品に最も多く含まれているのが水であることを示しています。ちなみに、配合量が1パーセント以下の場合は順不同となります。

香料に関しては、ただ一言「香料」と記載してあれば法律はクリアとなります。つまり、どんな香料が含まれているか知りたい場合はメーカーに問い合わせる必要があります

表記の方法

表示する成分の表記の仕方に関しては、メーカー側に選択肢の中から選ぶ自由が与えられています。「ナトリウム」と表示するか「Na」と表示するかはメーカーが選べるということです。

しかし、消費者が理解できなければ意味がないため、あくまで国が定める表記法の中から選ぶことになります。成分の表記には場所も指定されており、基本的に瓶や商品を入れている外箱の目立つ部分での表記が義務付けられています

目立たない底や説明書の中に小さく書くことは不可で、これも消費者に対する配慮の一つです。逆に表示しなくていいものは、「キャリーオーバー」により残留した成分などです。

キャリーオーバーとは、原材料の過程で使用された化学物質や成分が、その後の本製品製造の過程でも幾らか自ずと残留した場合のことを指しており、持越しによる製品への含有は表示義務に含まないというものです。

アレルギーなどがある場合は少し心配になるかもしれませんが、アレルギー製品に対しては厳格な表示の義務があり、そもそも原材料の製造に関しても国に定められた衛生基準があるため過度に心配する必要はないでしょう。

少し違う「医薬部外品」

医薬部外品」の場合、表記の方法が少し変わってきます。国によってその効果が認められたのが医薬部外品ですが、成分表では強調したい順に成分を表記可能です。

さらに成分の表記を細かく分けなくても表記可能で、ひとくくりにした名称の使用が許可されています。以前は全成分表示の義務もなかったのが医薬部外品であったため、企業秘密などを考慮しつつも、消費者の立場に立った表記が導入されるようになりました。