顔のいぼである性角化症の原因と治療法とは

顔のいぼの一種として挙げられるのが、脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)です。

脂漏性角化症は老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)とも呼ばれています。

ウイルス性の顔のいぼが他の皮膚に感染するのに対し、脂漏性角化症はウイルスが原因ではないため、他の皮膚に感染することはありません。

脂漏性角化症は加齢による皮膚のターンオーバーの乱れや紫外線の影響などで生じるとされています。

ここでは脂漏性角化症の原因と治療法を詳しく伝えますので、ご参考ください。

性角化症の原因とは

脂漏性角化症の原因として挙げられるのが、加齢です。

人間の皮膚のターンオーバーは加齢とともに衰えます。

すると、若い頃であれば皮膚の生まれ変わりと一緒に剥がれ落ちていた角質が長く皮膚の上に留まることになり、堆積することでシミのようになります。

紫外線がそのシミに当たったり、衣服やアクセサリーなどとの摩擦によって老人性疣贅、つまり脂漏性角化症になってしまうのです。

脂漏性角化症は放っておいても特に問題ないとされていますが、時間の経過とともに大きくなったり、個数が増えたりしますので、治療したほうが良いかもしれません。

性角化症の治療法とは

脂漏性角化症の治療法として挙げられるのは、液体窒素療法、炭酸ガスレーザー治療です。

ただ、液体窒素療法は跡が残る可能性があるため、顔の脂漏性角化症を治療するのでしたら、跡が残りにくいとされている炭酸ガスレーザー治療のほうが効果的かもしれません。

液体窒素療法と炭酸ガスレーザー治療についてはこちらのサイトで詳しく説明されていますので、ぜひチェックしてみてください。

⇒「首のいぼは液体窒素療法で治る?治らない?液体窒素療法のメリットとデメリットとは 」

⇒「首のいぼの治療跡を残したくないなら炭酸ガスレーザー療法!炭酸ガスレーザー療法のメリットとデメリットとは? 」

性角化症は病院でも治療できる?

脂漏性角化症は病院でも治療できますが、形成外科や美容クリニックでの治療がおすすめです。

形成外科や美容クリニックは見た目も重視する治療を行っていますので、顔の脂漏性角化症をきれいに治療できるかもしれません。

なお、皮膚科では主に液体窒素療法が行われている一方で、多くの形成外科や美容クリニックは跡が残りにくいレーザー治療を取り入れているようです。