顔のいぼを治療しよう

顔のいぼにはたくさんの治療法があります。

病院での治療法の他、自宅で対処できる治療法もあるのですが、どのような治療法があるのかご存知でしょうか?

ここでは代表的な顔のいぼの治療法について説明しますので、参考にしてください。

顔のいぼの治療一覧

液体窒素療法

顔のいぼの代表的な治療法が、液体窒素を用いた治療です。

超低温の液体窒素を顔のいぼに付け、ウイルスを凍結させていぼを除去する治療法となっています。

強い痛みを伴うことがデメリットですが、保険が適用されますので、コストパフォーマンスにも優れた顔のいぼの治療法とも言えるでしょう。

なお、施術後には患部にかさぶたができます。

かさぶたを無理にはがそうとするとシミのような跡が残ってしまう可能性がありますので、ご注意ください。

レーザー療法

レーザー療法は、いぼに炭酸ガスレーザーや紫外線などを照射することで熱を発生させ、その熱エネルギーでウイルスを除去する治療法です。

液体窒素療法が完治まで3ヶ月程度かかるのに対し、レーザー治療法は10日から14日程度で完治するとされています。

レーザー治療では局所麻酔が使用されるため、医者による施術中に痛みを感じることはあまりないのですが、残念ながら保険は適用されません。

なお、液体窒素療法と同様、施術後には患部にかさぶたができます。

ヨクイニン

ヨクイニンは、ハトムギの皮を剥いだ種のことです。

顔のいぼの治療にはヨクイニンから抽出されたヨクイニンエキスが使用され、ヨクイニンエキスを服用し続けることで顔のいぼの除去を目指す治療法です。

ヨクイニンエキスを配合した医薬品は病院で処方してもらえますが、ドラッグストアや薬局、ネット通販でも購入できますので、ぜひ試してみてください。

なお、ヨクイニンエキスにはいぼの原因であるウイルスを死滅させる働きはありません。

ヨクイニンエキスには免疫力を高める作用があり、免疫力を高めることで自然治癒を目指す治療法と考えると良いかもしれません。

電気メス治療

電気メス治療とは、電気の熱の力とメスを用いて行われるいぼの治療法です。

まず固くなった角質をメスで除去し、いぼの範囲を明らかにします。

そして電気の熱エネルギーでいぼを芯ごと焼き切るというわけです。

レーザー治療と同じく、電気メス治療では局所麻酔が使用されるため、医者の施術時に痛みを感じることはほとんどありません。

ただし、電気メス治療が単独で用いられることは多くなく、その他の治療法とあわせることが多いようです。

ちなみに、顔のいぼと同じく首のいぼに悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

顔のいぼも首のいぼもすごく目立ちますので、大きな悩みになりがちです。

では、首のいぼはどうやって治療すれば良いのでしょうか?

当サイト「フェイスケアしながら顔のいぼを減らせるおすすめクリームまとめランキング」では顔のいぼの治療法についてはまとめているのですが、首のいぼの治療法については記載していませんので、首のいぼの治療法を知りたいならこちらのサイトを参考にしてください。

⇒「首のいぼを治療するには?病院でしか治療できないの?」